補修

1/14ページ

業界ではサネと呼ばれる部位がフローリングの木材の両端にはあります…。

床の板材張り替えに進む前に、シミの部分の補修でOKなものは数多くあります。消えないシミを補修するには汚れやへこみのキズ補修に比して長くかかりますが、コストは取り替えの半額もかかりません。両面テープで貼るようなフローリング床の場合、今ある床の上に重ねて使えるため、DIY感覚で部分的にリフォームを行うことができるでしょう。建築後しばらくたった中古マンションのフローリングなどにシミがついている例を目にし […]

フローリングなど補修あれこれ|特に水分を好まない木製のフローリング床は…。

床の木材が傷をおった場合以外でも、何もしなければ、汚い部分がひどくなったり、傷がひどくなる例も過去にあったので、早急な対策が有効です。補修剤と呼ばれるものはDIYショップや身近な100円ショップで売っています。たくさんの色がありますが、床の色に比べて濃いものがふさわしいと思います。補修材が目立たず、床のもとの色に溶け込みます。きれいな床は尖った物を落下させたりたんすなどの家具の位置を変える際に傷が […]

フローリングなど補修あれこれ|全とっかえではなく床をリペアすることがなぜいいかというと…。

大型マンションに敷設してある音を伝わりにくくするフローリングは無垢素材だけでできているのではなく、合成板の表面の裏に防音効果のあるゴムなどを張って雑音や足音が伝わりにくい仕組みになっています。工務店の高い技術を使った優れた補修を低価格で実施します。直らないと思っていたキズを安くきちんとリペアすることが可能になるでしょう。重い物を誤って落としてしまって、フローリングに小さなキズがついても、自分でその […]

極端に水分を好まない木製のフローリング床は…。

いろいろな傷や余分な湿気からデリケートなフローリングをきれいに維持するのには、ワックスがけが重要です。無理じゃなければ1年に最低2回はワックスを塗るといいそうです。貸アパートを出るときは、約束通り原状回復(賃貸契約前とほとんど同一の状態にして返す)が大切です。その際はフローリングの部屋は確認が必要です。最近一番使われている床材でできたフローリング。汚れがこびりつきにくく、リビングでも水廻りでも、ど […]

数年にわたって…。

床の木材が傷をおった場合以外でも、放置すれば、色褪せた場所が大きくなったり、傷が拡大することがないわけではないから、早急な対策が効果的だと思います。音漏れしないようにいわゆる緩衝材の裏打ちがあるもの、床暖房に耐えられるように特別仕様になっているもの、風呂場などの水廻り用に専用の加工をした新しいフローリングもあるそうです。テープを使う種類のフローリングを使ってるなら、もとの床材の上から直接使えるため […]

絵を描くように模様をかけるペンタイプの補修材も準備しておくと…。

見るからにたいしたことない傷なら東急ハンズなどで販売されているリペアセットを利用して補修はかないますが、傷が重症だったりあちこちにあると、自分一人で補修するのはなかなか厳しいと思います。特段床材の種類をえり好みしない方々は、「複合フローリング」というものにするのが賢い選択と言われるくらい、耐久性と見た目のバランスがとれた特別な床材と考えられています。いわゆるフローリングリペアは、さまざまなキズやへ […]

木材でできた床は柔らかい雰囲気で安心感がありますが…。

自分の目で確かめると専門家のリペアは見事で、終了後の完成度はじっと見つめないことにはどの部分をリペア補修したのかまず発見できないと思います。自分で柄を書き込めるペンタイプの補修材も使えば、フローリングの柄が木目調である床は、いい感じで隠すことができるはずです。放置して余すところなくフローリングを乾燥させてから、少しの量で回数を分けて塗布し、また放置して乾かしてという過程を繰り返す。それがフローリン […]

整理ダンスなど大型の家具を設置するなら注意が必要です…。

子供部屋のフローリングや柱に傷がつき、プロに補修してもらいました。すると、どの部分が傷の部分だったのか判別できないほど、本当にきれいになります。特段床が何でできているかに好みがない人たちは、合板を使った「複合フローリング」を選べばOKと言われるくらい、いろいろなバランスのとれた人気の床材です。数年にわたって、重みを支えていたフローリングは繊維が破壊されぎしぎしきしみます。木は水分を含むと膨らむ性質 […]

床に物を誤って落下させてつくった軽い傷や…。

張り替えでなく床リペアすることがどうしておすすめかというと、少しのリペア作業だけでおしまいです。私たちの負担を低くしつつ最大限元の形まで近づけます。サネの凸凹部分はがっちり接合していることが不可欠です。くっついていないとフローリングの木材と木材の間がずれて、ぱっと見がよくないはずです。家の床のうれしくないキズは深いものから浅いものまで、大きすぎないサイズに収まっていれば、“フローリング専用のキズ補 […]

フローリングなど補修あれこれ|ベーシックな木材でできているものの補修を挙げるなら床補修でしょう…。

家で採用されている床に塗布されているのは非常に薄い薬剤の膜だから、ただ行ったり来たりするだけでもめくれてしまったり、小さな砂粒や日常の砂ぼこりでよく見ないと見えない傷が残ってしまうのです。ベーシックな木材でできているものの補修を挙げるなら床補修でしょう。転居の際についた傷やぶつけてできた凹みキズなど、床のキズは多種多様と言えます。机など重い家具を設置するなら覚えておいてほしいことがあります。何年間 […]

1 14